記事化について、お知らせ等など【長文駄文おじさん構文】

v-tuber.news

ほぼテキストオンリーです。

配信の切り抜き記事ではありません。

おじさん構文かも知れません。

最近、Vtuberさんのフォローが増えてきたので、そのファンのリスナーさん含めて、再度告知というか、お知らせというか、そんな感じの記事です。

このサイトは、なんなんや?と。

※この記事は、若干内容を変えて、埋込記事をV-tuber.newsの記事に変更して、Hololive.newsの方へUPする予定です。

記事化について、お知らせ等など【長文駄文おじさん構文】

記事化に関して、こちらからお願いしますと、オファーとかは一切していません。

1ファン・1リスナーとして、面白かったから、スクショやTwitterで呟いて、

そこに収まらない分を記事化という感じです。

神出鬼没で、配信にお邪魔してスクショを撮影しています。

記事化しましたのお知らせもしていません。

全てのVtuberさんが切り抜きの記事化を歓迎しているとは限りませんし、

中には余計なお世話と捉えるVtuberさんも居たり、

また、ファンの方も歓迎する方もいれば、余計なことすんなよ!と思う方も多い訳で、

ご本人さんがエゴサで記事を見つけて、イイねやリツートがあった場合は、

それまでの日数を記事掲載からどれ位かなぁ・・・だけチェックしています。

イイねが無いってことは、まぁ後者の余計なお世話と捉えてるか、

アンチまとめサイトか何かと勘違いしてると思うので、

その場合は継続しての記事化は、トラブルにもなるので避けています。

また、Vtuberさんからの記事化ありがとうございます!等のありがとうメッセージを頂くのは、

大変光栄で本当に嬉しいのですが、ファンやリスナーさんに目に付く為、

筆者がイチファンとしての推しの数名のVtuberさん以外はイイねでしか反応していません。

初配信とかデビューしたてのVtuberさんやまだアーカイブがない方の記事化はしていません。

記事化の判断基準が、立ち絵が美人だ可愛い巨乳だエロいや声だけで選んでる他の多くの紹介系サイトとは違い、

当サイトは【配信の切り抜き記事】サイトなので、判断基準は配信内容が【楽しい・面白い】です。

配信準備中とか、デビューしたばかりで判断材料が少ない動画もない場合のVtuberさんより、

今現在、配信活動をしていて、ある程度アーカイブのあるVtuberさんから記事化しています。

事務所やグループ所属の方の場合は、

二次創作のガイドラインに沿って記事化しています。

コピーライトの記載が必要なゲームの配信の場合は、記載しています。

クレヨンしんちゃんの夏休みのあのゲーム等、

配信者以外のスクショも禁止されているようなゲームは、記事化はしていません。

Vtuberさんの2次創作ガイドラインと、ゲーム会社のガイドラインの2重でチェックをしています。

このサイトは、雑誌や漫画などのマガジンスタイルで、

読むことや見ることに重心を置いているんですけど、

兎に角アクセス数やPV数よりも、長い時間滞在して読んで貰う、

長くサイトにいてもらうのを重視しています。

これは、Vtuberさんの配信スタイルと同じで、

如何にブラバされないかを重視しています。

目的のものと違ってもとりあえず、なんか見ていこう、そんな作りで。

例えると、用も無いけど、なんかいい天気だから色々なお店の並んでる商店街をブラブラと歩くそんな感じです。

各Vtuberさん達のチャンネルは、カフェや雑貨屋さんなどのお店で、

Vtuberさんはオーナーさんや気のいい店長さんって感じで、

そのVtuberさんのお店の商品であるゲーム配信やASMRや歌枠を、

どんな味なのか?面白い店長なのか頑固一徹な大将なのか?ってのを、

当サイトで切り抜き記事として見ていく感じです。

だから、タウン紙って感じですね!

お店に入ってすぐに出て行く人じゃなく、ちょっとでも長く居てもらいたいに特化していて、

この記事のスタイルは多分ギガジンさんとかガメスパとか4亀さんとかに近いですね。

青いハリネズミの会社に入る前はゲーム雑誌の編集者をしたいと思ってたので、

雑誌形式スタイルの所謂WEBニュースサイトとは違ったサイトで、

切り抜き記事を作るって手法になっているんだと思います。

この手の手法に近いサイトさんは、中々有りませんが、

雑誌形式をちょっとやってるのは、新人Vtuberさん関連だと、

新人Vtuberさんの紹介をインタビュー方式で掲載されてる、ブイエールさん。

あちらは、よく拝見していますが、

有名人のインタビュースタイルで、雑誌でも見かける方式で、

非常に見やすいし、滞在時間長くなりますよね、いろんなインタビューを読みたくなっちゃう。

で、話を戻しますが、当サイトの記事とか紹介スタイルは、

商店街(うちのサイト)の中で、色々なお店(Vtuberさんのチャンネル)を見ながら、

そのお店の商品(配信内容)を見ながら、だらだらとぶらぶらと歩く感じ。

で、散策してるうちに常連になるカフェや焼肉屋さんが見つかってと、

それが、GuildCQさんやエクラ*タタンさんとかですね。

個人的に、クソ真面目な文章が書けないので、口語体文語体など気にしていません。

というか、均一な紹介方法は面白くないですよね。

商店街に遊びに行ったら、同じチェーン店のコンビニしかなかったなんて・・・ぞっとしますよね?

随分前かな?1年半ぐらい前に、Vtuberさんの紹介サイトがあって、

多分スクリプトやAPIで自動で枠やチャンネルをどんどん追加していくタイプのサイトがあって、

それ見た時にはVtuberさんが、

コンビニの商品の様に同じ様なサムネでずらぁ~って並んでて、

うわぁっ・・・って、思いましたもん。

確か、昨年かな?そこの管理人さんがツイートしてましたが、

うちはサイトがコンビニやとすると、Vtuberは商品なんじゃ!

うちは品揃えエエでっしゃろ??みたいな。

多分、その人は店長かオーナーでという上から目線で、

配信者を100円200円のコンビニの飲料水やスナック菓子程度と思ってるんでしょうね。

ホロライブのサイトの方にも書いてますが、

切り抜き記事の作成は、今のところ一番面倒な方法なので、

誰も真似しないから、自分のスタイルとしてやってる感じです。

1時間の配信でリアルタイムで見ている時はスクショを100枚前後撮影し、

GTAVとか3Dライブなら1時間の配信で1,300枚ぐらいに達します。

ちょっとしたポーズの違いや、車がクラッシュした瞬間など、

それから厳選して、Vtuberさんの顔が良い感じに写ってるか?とか、

剣で切った時のエフェクトが綺麗かどうかなどなど、選別しながら配置して、

テキストを書いてと・・・

企画物配信でこんな配信です!って決まってる1時間の枠なら、

配信終了後10分後には完成してUPできますが、

展開や動きの予想がつきにくいアクションゲー配信とかは、配信終了後2~3時間ぐらい掛かります。

1記事作るのに大体2~3時間ほど。

普通に土日も祝日も無い、毎日外国人と接するお仕事を知ているので、

配信見て、記事化する時間も限られますが、

それだけ、時間がかかっても、反応があると嬉しいですね!

特に配信者のリスナーさんから、褒められた時は、嬉しいです。

だって、一番そのVtuberさんの良い所を知ってる人達ですからね。

それとは別に、スクショとテキストとで掲載してるから、

Vtuberさんのアーカイブや動画サイトが消えてしまっても、

無料のアメブロ等と違い、ず~~~っと残るので、

ホロライブの方は、辞めちゃった人るーちゃんや、

アロエちゃん、ココ会長の記事なんかや、規約や誤BANでアーカイブが、

お蔵入りになった記事なんかも未だに閲覧の需要があります。

よく、読者さんが自分が送ったスパチャや誕生日メッセージが、スクショで残ってて感動した!とか、

あの時のあの可愛い笑顔やあの決めのシーンがスクショで見れて良かった!!って、

読者さんからDMが来たりした時は、本当に嬉しいですね。

切り抜き動画だと文字でスパチャやコメントが隠れて・・・って、

いうのは、編集上仕方がないことで、多々ありますからね。

あっ、別に今紹介している新人Vtuberさんが卒業した時の事を言ってるんじゃないですよ。

記事化は、切り抜き動画の自動や半自動の文字起こしと違って、

自分でテキスト追加なんで、良いテキストやワードが浮かばないと、

結構キツい手法ではあります。

商店街(Youtube)を歩きながら、お店(Vtuber)散策をして、

美味しいパフェ(ゲーム配信)や自家製フルーツジュース(雑談や歌枠)を紹介っていうスタイル。

なので、Vtuberさん御本人が、配信の切り抜きの記事を、

余計なお世話と感じる配信者の人も居れば、歓迎する人もいますが、

自分のお店を紹介されたタウン紙を拡散することは、

新規のリスナーさんにも配信の雰囲気と手っ取り早く分かってもらえて、

非常に有用なツールとして使えると思っています。

記事化について、お知らせ等など【長文駄文おじさん構文】

ぱっと、サクサクと手短に知りたい情報や画像を見たいというのは、

みんなが使ってるTwitterで慣れている事ですよね。

動画の方は、見るのに構えが必要になりますし、

ましてや全く知らない新人Vtuberさんの動画を見るっていうのは、

意外にも結構ハードルが高い。

見てつまらなかったら時間の無駄だし、でも、サムネでは判断し辛い、

もっと場面場面でスクショで確認したいけど、

動画のシークバーで見るのもなぁ・・・アーカイブ2時間かぁ・・・ってなりますよね。

そんな時に、どんな配信やってるかをスクショで、

確認できるのはかなりメリットがあります。

しかも、それが面白さが伝わるスクショなら尚更で、

だから、乳よりなVtuberさんは、こんな文章にしたりと、

配信が面白いトークの人の記事は記事内容もぶっ飛んだ感じで、

落ち着いた雑談が多いVtuberさんなか、ちょっと真面目よりなテキストにしたりと、

このVtuberさんはこんな文章にしたりと、配信内容で変えています。

あそこの居酒屋の店長は面白いんだよ!とか、あそこのアイス屋のアイスはデカすぎて~とか、

要は、その街で遊んでる人が、この商店街や駅前は、こんな面白いお店があって、

こんなグルメスポットあるんだよ!な軽いノリのタウン誌。

あのVtuberさんのホラゲはこんなんだ、マイクラ配信は雑談が楽しくってさぁーと。

そんな感じで楽しく作ってます。

で、読者さんの方には、その中でお気に入りのVtuberさん、

っていうお店を見つけて貰えればって感じですね。

巨乳いいでしょーいいでしょーどうどうどう??みたいな説明は、

言ってみれば、しつこい服屋の店員みたいになるので、

スクショを見て分かりきってる事はあまり書かない、

別の事を書いて、楽しんでもらう感じです。

なので、時々、一言もVtuberさんの名前が出てこない記事もあります。

記事化について、お知らせ等など【長文駄文おじさん構文】

どれ位の人が見に来ているのか?

あまり数字の事は書かない方針です。

どの記事がよく読まれてたか?

なども新人Vtuberさんの為にも優劣は付けたくないので、発表はしません。

10年ぐらい前は、今日は何人来た???今月は何人見に来た!って気にしてましたけど、

ネット関係を長くやってる人だと、知ってることですが、

ネットの指標もYoutubeもそうですが、10年ぐらい前はアクセス数重視でしたけど、

今は滞在時間・再生時間数が重要ですよね。

Youtubeの水増し対策が進んで、再生回数やイイねとかは重要な指標としておらず、

再生時間がどれくらいか?を重要視してますよね。

コンビニみたいな中身の無いまとめサイトだと、

毎月100万PVや50万アクセスあってと、やたら自分のサイトの数字自慢が多いですよね?

うちのサイトは平均滞在時間が、かなり長いので結果、切り抜き記事は良かったと思います。

1人の人が、ページを内容も見ずに1秒ごとにガンガン移動してって、100PVでしたとか、

1ページで収まるのに5ページにも小分けしてる最近のバズニュース系クソサイトとか、

そりゃPV数増えるけど・・・っていうことで、

この手のサイトは滞在時間が重要で、何秒居たのか?何秒居て何ページを何秒掛けて読んでたのか?が

大事になってくるんですが、

面白くないサイトは秒でブラウザバックされてて、

滞在時間が30秒以下とかが多いと思います。

10秒あれば良い方ですよね。

ということで、記事化には非常に手間が掛かりますが、

今後も滞在時間が長くなるように配信の切り抜き記事を書いきます。

うちのサイトは、どれも雑誌感覚で見れるように滞在時間を重視で、

スクショが多い事もあって、テキスト?漢字読むの面倒くせぇーわって、

人向けにテキストを読まなくても、

スクショで配信内容が面白いかどんな感じなのか、ひと目で分かる感じにしてます。

意識高い系の家電ブランドのサイトとか、ページいっぱいに企業理念みたいなの出てきた瞬間にブラバしますよね。

サイトのページ自体を見せる気無い作りになってたり、アクセス数やPVの数字しか言わないのは、ほんとただの自己陶酔ですからね。

ちなみにこのページの場だけで、大まかに言うと

Hololive.newsの方は、最近は、月間ユニーク数が138,700人ちょっとでPVは35~45万PV、

V-tuber.newsは、まだ2ヶ月しか経っていませんし、ページも少ないし、

サイトを広告で宣伝なんてしませんが、

24,900人来てくださっていて、1人が2.71ページを閲覧しています。

最近ブログとしてブログ村などに登録しましたが、ネットブログのカテゴリーで1~10位ぐらいがホイロライブニュースかV-tuber.newsの記事になっています。

記事化について、お知らせ等など【長文駄文おじさん構文】

ただ、残念なのは、Twitterの方で個人勢Vtuberさんの記事にイイねが100も付いていたとしても、

イイねがたった3しかないホロライブの記事の方が閲覧数は10倍ぐらい違うので、

もっと多くの色々な人に拡散してもらえると嬉しいです。

あと、Hololive.newsの方が、テキストありの記事のページが1年半で2,600ページぐらいあるので、

このまま行くと、V-tuber.newsは、今は2ヶ月で72ページなので、

1年後には2Page/1Dayで計算すると730ページ、ざっと述べ人数で730人の新人Vtuberさんの記事に、1年半後は1,000ページになってると思います。

そんな感じで、まとまりもない結構長い長文を、

山の日に海で仕事をしながら、帰ってきては配信見て、また仕事へっていうお盆なにそれ??なテンションで、ダラダラと書きましたけど、最後まで目を通してくださってありがとうございます。

記事制作:ヒロポン64ビット@h_i_r_o_p_o_n_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Next Post

推定年齢数万歳の超ド級ゲスト登場!!新人Vtuberさん、ベテランVtuberさんにランクアップ!!!

先日、新人Vtuber&#12 […]
記事化について、お知らせ等など【長文駄文おじさん構文】